Cyber-shotF707で星空写真
トップページへ
メール

 2001年11月19日月曜日午前2時から3時半くらいにかけて。日本は数十年の一度のしし座流星群の絶好の観察位置にありました。僕もその一時間半くらいの間にゆうに200個は見ることができました。せっかく観察するなら、是非ともチャレンジしようと思ったのがデジカメでどこまで星を撮影できるようになったのか調べること。買ったばかりのCyber-shotF707に三脚を付けてやってみました。撮影地は熱海です(ちょうど職員旅行でした)。

 結果はご覧のとおり。全て30秒開放で撮影しました。オリオン座、北斗七星などをしっかり撮影できました。また、3番目や4番目の写真でわかるように流星も撮影できました!(もっとも、デジカメの液晶では分からなかったので撮影できていないと思っていました。しかしパソコンの画面で見て確認を出来ました)。元画像の方がわかりやすいと思います。

元画像はこちら 1 2 3 4 2560*1920各・約1.5MB)

トップページへ
 メール