NetaTaneMenu >>>> ソーラーボート製作 >>>> 地球上の位置把握

ソーラーボート製作


前々からマイコン制御で何か作りたいなぁと常々思っていました.「ものつくり」が好きですが,数学や授業とうまく絡み合わさないと教育現場では,ただの趣味と思われますので,教育的な効果を目指して,活動してみたいと思います.以下,ブログみたいになりますが,良きアドバイスがあればください.2007.5.28.kawasaki


2007.5.26(土) まず,何も見えない状態で製作はできないので,師匠のアドバイスで東京大学へ泣きを入れに行きました.東京大学本郷キャンパスの工学部3号棟の製作現場,キャビテーションタンク研究棟でプロペラモデル実験を見学してきました.5月祭で,大学は大変賑わっていました.慶応大学も休校するという関東の麻疹騒ぎは健在で,赤門前では注意歓呼をしておりました.画像は沢山撮ってきましたが,説明の音声も取り入れたかったので,動画になります.また,随時掲載したいと思います.

toudai1.JPG

※生徒が「赤門を撮って来い!」というので,撮ってきました.

toudai2.JPG

※銅像は誰か知りません.情報学部の前を突き進むとキャピタル研究棟です.製作風景が パネルで提示されていました.

お昼を抜いてまで,川村,鵜澤両先生と4時間近く話し合い,ノウハウを教えていただきました.

goods1.JPG

出艇されているボートがこれです。

p4.JPG

スクリューやプロペラの乱流等を解析されているそうです。

p8.JPG
p15.JPG

水上付近にスクリューを設置したり,水中に潜らせたり色々なプロペラが あるみたいです。何枚羽根が最も有効なのでしょうか?

p16.JPG

10億円もの施設での実験。水圧を色々と変えて調べています。羽根の面に筋ができたり,右下のストロボの映像によって瞬間の流れの様子を感知したりしています。モデルはイランが開発している魚雷で,水中を100km/時で進むらしいです。


潜水艦のスクリューなんかもそうですけど,スクリューの形状?って秘密なことが多いですよね。効率の善し悪し、音の事(音がでるということはそれだけ無駄なエネルギが失われているわけですよね。)とか。飛行機のプロペラなんかもそうだったのかもしれませんが。今なら風力発電の風車でしょうか。ありきたりな形以外にも色々あるのではないでしょうか。ありきたりなスクリューの翼の枚数や形状だけでも様々なんでしょうけど。

未だに解析できる要素が残っていることが結構驚きかも。(案外進歩してない?)

複雑な状況を加味して解析したものを提示しようとしても,非線形なので大変で研究しがいがあるとは言っておられました。

効率の良いプロペラを作ろうとすれば,ピッチを工夫したりする様です。しかし,軸受け部分までピッチを切ると強度の面で劣り根元から折れてしまいます。羽根を大きくしたり,枚数を増やしたりすれば,どんな影響があるのかを聞き逃しましたが,理論の裏付けがあるはずですよね。 キャビテーションって何だろう?と解説と演示の時は,気にならなかったのですが, HPを見るとなかなか面白い現象なのですね。 キャビテーションは,ロケットのような高速に液体を送り込んだりするポンプ(H2ロケットの発射失敗の原因)内でも生じますし,多くの船舶のスクリューにも必ず生じています。潜水艦ばかり造ることもできませんし,技術開発と逆行した対策もできずに,落とし所をみつける為に日夜研究をされているみたいです。


2007.6.7(木) 京都教育大学の木工室です。ここをお借りして,何人かと製作を始めたいと思います。「ちょっと寄せて!」という申し出は,大歓迎です。失敗を重ねるような試行錯誤で作ってみたいと思います。

mokkou.JPG

添付ファイル: filemokkou.JPG 576件 [詳細] filep16.JPG 571件 [詳細] filep15.JPG 562件 [詳細] filep8.JPG 567件 [詳細] filep4.JPG 587件 [詳細] filegoods1.JPG 568件 [詳細] filetoudai2.JPG 583件 [詳細] filetoudai1.JPG 596件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-26 (水) 02:52:38 (5024d)